サイトメニュー

効果を発揮するために

女性

種類や仕組みを見ていく

ボトックス注射は、美容整形外科では一般的にもちいられている施術方法の一つになります。ボトックス注射が最近注目されている理由の一つは、なんといっても手軽にできることです。今までは、顔を小さくする場合にもエラ削りなどが行われていました。エラ削りは、大掛かりな手術になることが多く、口の内側からエラの骨を削っていくため全身麻酔をする必要があったわけです。その分、料金も非常に高い傾向があります。しかし、ボトックス注射ができてからはボトックス注射を利用する人が増えてきました。やはり、お金もそれほどかからず傷なども付きにくいからです。ただ、副作用が出ることもあります。どのような副作用があるかといえば、筋肉の働きが低下してしまうものです。もちろん、この注射自体は筋肉の働きを低下させるためですので、想定の範囲内ならば問題ありませんが、必要以上に筋肉の働きが低下してしまうと日常生活にも支障をきたします。それ以外は、赤くはれてしまうような種類の副作用も存在するでしょう。

これからボトックス注射を打つ場合には、副作用をはじめとするその仕組みを頭の中に入れておく必要があります。基本的に、ボトックス注射の仕組みとしては、注射の中にボツリヌス菌と呼ばれる細菌が含まれているのが特徴になります。このボツリヌス菌は、腹痛などの原因になることがありますが、医療用に改造されたものですので、問題はありません。これを筋肉に注入すると、筋肉の力が弱まり筋肉がまひするようになります。例えば、筋肉でエラが出ている場合には筋肉をまひさせることでエラの働きを弱めるわけです。筋肉は、長く使わないと退化してくる傾向があります。つまり、小さくなるわけです。このように、筋肉を小さくすることでエラの部分を縮小させ、結果的に顔を小さく見せる働きがあります。ただ、あまりたくさんの注射を1か所に売ってしまうと、副作用が現れやすくなりますので、少しずつ様子を見ながら注射を打っていくのが基本になります。これに関しては、シワをなくしていくときにも応用されることが多いです。